夏休みの終わりに本と出会う!「海辺の本の夏祭り」にて

夏休み最終日、キャンプからの帰途。

道の駅ビオス大方で休憩していたらインスタにある投稿が。

投稿者は森田農園さんでの生姜収穫バイトで知り合った画家/イラストレーターの伊藤さん。

※関連記事

ショウガの香りに包まれて、農家バイト初体験!

-->

ここ黒潮町の入野松原で行われている「海辺の日曜市」、その夏休み企画である「海辺の本の夏まつり」がちょうど今開催中で、伊藤さんが出店されているという。

今いる場所から会場までは土佐西南大規模公園内をクルマで5分。

まだまだ夏休みは終わらんね〜なぞ言いながら祭りをのぞきにいく。

木立の合間に開かれたマーケットに伊藤さんの作品が並ぶ。

ホワンとした湯気を思わせる淡い水彩画が特徴的な作品を、Tシャツ、ポストカード、缶バッジに落とし込んでいる。

こちらが伊藤さん。

Tumblr内のmaito atelierも是非のぞいてみて。

-->

ショップカード、フライヤー、挿絵、Tシャツの図柄などご依頼がありましたらおっしゃって下さい。

伊藤さんに繋ぎます。

名刺の裏には作品の取扱い店一覧。

「海辺の本の夏まつり」ってことで、どのブースも古本を出店されてました。

そんななか、今の気分にバシーとハマった一冊を購入。

50円。

夏休みの終わりに、本に出会うってなんかいい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Are You Feel Good?