ギターがギャーーーン!ビースティボーイズ・オン・ザ・ラン!「Licensed To Ill」

このところギターがギャーーーンな音楽を好む傾向がある。

フラストレーションでも溜まってるのか?

-->

とまれラウドでノイジーな音楽には、体に溜まった毒を体外に出すような効能がある。

運動による発汗にあわせて音楽によるデトックス効果も期待し、先日ランニングのBGMに選んだのがビースティボーイズの1st「License To Ill」。

これ1986年作なのか。

まだヒップホップに目鼻口もついてなかった時代である。

ブラックサバス、レッドツェッペリン、AC/DCからサンプリングしたギャーーーンとやかましいギターリフに絡むスッカスカのリズム。

3人がコマ切れに掛け合うルーズでラウドなラップがダイナミックである

代表曲「ファイト・フォー・ユア・ライト」は今聴いてもかっこよく、疾走するギターはサンプリングではなく、スラッシュメタルバンド、スレイヤーのギターリスト、ケリー・キングの演奏によるもの。

ビースティボーイズはリアルタイムで聴かなかったな。

いっぺんひと通り聴いてみよう。

スローランにも合うテンポだし。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Are You Feel Good?