90年代回帰なデトロイトテックハウス!Terrence Parker「God Loves Detroit」

仰々しいアルバムタイトルどおり、デトロイトのテクノ/ハウスDJ、テレンス・パーカーの2017年作。

-->

女性覆面アーティスト、メラチカをヴォーカルにフィーチャーした2曲目「Don’t Waste Another Minute」は、90年代デトロイトの名曲、デリック・メイの「Strings Of Life」とカール・クレイグの「Feel The Fire」マッシュアップしたかのようなイントロから始まる。

テクノ寄りの曲では、怒気をはらんでぐいぐいと引っぱるキックがUR(アンダーグラウンドレジスタンス)を思わせる。

そしてリリース元は御大カール・クレイグのレーベルPlanet Eからということで、ゴリゴリに90年代オリエンテッドなデトロイトテックハウスのアルバムである。

個人的には11曲目「Transition」のフュージョン趣味が好き。

シカゴやデトロイトのハウスアーティストってフュージョン愛強いよね〜。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Are You Feel Good?