キャンプにも越冬にも!フジカハイペットでストーブ生活!

寒い!

-4℃ってどうなってる南国高知!

今季は全国的に厳冬とはいえ、大阪でもこんな気温見たことないぞ。

寒さには滅法弱い真冬生まれである。

-->

昨年より、キャンプ道具を家具としても併用する「野居同具」を実践しており、その一環で昔ながらの石油ストーブを手に入れた。

フジカのハイペットである。

トヨトミやアラジンとも迷ったけど、レビューでこれが一番暖かそうだったのと、コンパクトなデザイン、新色の白が出てたことでこれに決めた。

基本冬キャンプ目的なので、持ち運びを考慮した小型のもの。

高知と言えど冬将軍のひとつやふたつやってくるだろうから、エアコンだけで心許ない時には家でも使えるな、ぐらいの考えだった。

そこにこの厳冬だ。ストーブはフル稼働である。

氷点下の朝など、このストーブが無かったらと考えるとWの意味でガクブルである。

朝はもっぱらこの状態。

電気も点けずにもふ猫のごとくストーブ前で体を温めてじわじわと体を覚醒させている。

エアコンと違ってすぐ高温になるし、なにより火のそばに寄れるのが良い。

取っ手がついてて持ち運びが容易なので、エアコンのない部屋に持っていけるのも意外に便利である。

キャンプでは、暖をとるのはもちろん、熱燗マシーンにもなる。

フジカハイペットは反射板の有無が選べる。

反射板とは、火芯のまわりに取り付けることで360度全方向に発してる熱を片側だけに集約するためのもの。

少人数での使用時や、テントなどでストーブを壁側に置く場合に必要となる。

この反射版、使ってみての感想としては特にいらないかも。

壁ギリギリにストーブを置くことはないし、足をバーンと投げ出した時に反射板があると、足先のほうは熱が遮られて寒いんですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Are You Feel Good?