高知の服屋さんマップ 〜決定版〜

【1〜3番】ジーンズファクトリー

※画像はHPより

高知の服屋を語るならここは外せない。

大箱ゆえに品揃えは幅広いけど、アメカジ、ワーク、横ノリ、アウトドア、スポーツといったテイストがメインの路線。

エンジニアードガーメンツやS2W8といったネペンテス周辺や、ノースフェイスのパープルレーベル、ザ・デイオンザビーチといった好事家を満足させるブランドもおさえる。

さらに高知にはないだろうなと諦めていたテリックのビーサンがしっかりと置いてあったのには驚いた。

かゆい所に手が届く好セレクトだ。

広い店内はディスプレイが雑然としていて、同じ所を何度も通ったり、1度も通らない小道があったりと、ちょっとした探検気分も楽しい。

数年前にはパームグラフィックスと四国四県Tシャツをコラボしたり、ポイントカードがアプリだったりと、高知で最も勢いのあるセレクトショップである。

ちなみに3番はアウトレット店。

【4番】バンザイライフスタイル

バンザイライフスタイルBLOG

パタゴニアのバギーズショーツが欲しいなと思い、ネットで調べていて見つけたお店。

無論パタゴニアの正規代理店だ。

ヘビーデューティー&サーフなセレクトの店内は無骨ながらも爽やかな雰囲気がある。

目の前が公園というロケーションも抜け感バツグン!

家からも近いしサーフィン始める時には相談してみたい。

【5番】岩と雪

岩と雪HP

こちらもパタゴニアの取り扱い店を探していて見つけたお店。

バンザイライフスタイルさんが海なら、こっちはゴリゴリの山系である。

好日山荘や石井スポーツに近い雰囲気かな。

服屋かというと少し違うけどキーンやカブーといった街着もいけるブランドも扱っている。

-->

【6番】GRASP

GRASPブログ

チャリでブラブラしていて発見した古着屋さん。

個人的に今高知で最もホットな店である。

ブログやインスタグラムで日々商品を紹介されているのだが、それがことごとく好みのツボにハマるという、財布的には非常に困る店でもある。

アナクロノームやレミレリーフといった名の通ったブランドはもちろん、ノーブランドの古着のセレクトが素晴らしい。

久しぶりにアメもの古着を漁る楽しみを教えてくれました。

王道には違いないけれど、ひとつまみのヒネクレ心がいい隠し味になってる気がします。

1階のガレージがまた素敵な空間なので、イスやランタン置いてビールでも呑みたいですな〜。

【7番】ミルズ

数年前に四国遍路をした時、東京から来てた遍路仲間が行きたがったお店。

例えるならそうさね、若かりし頃の大阪アメリカ村で、足を踏み入れた瞬間「あ、ここ不良の大人の店や」と肌で察知して、そそくさ退散するという店があったけれど、ちょうどその類。

アウトドアというよりむしろ醸し出すサバイバル感!

そしてミリタリーとアメリカと道楽の混じり合った趣味の博覧会場である。

ご主人は不良には違いなかろうが、なんの気さくな方ですよ。

なおホームページは無い。

【8〜11番】BJ

BJホームページ

高知ローカルの倉庫型の古着チェーン。

ホームセンター→UNIQLO→寿司一貫→ホームセンター→ラーメン豚太郎→倉庫型古着屋、これが高知のロードサイドの風景である。

大きな駐車場を構えた店舗に高知人のクルマは吸い込まれていく。

こういう店はじっくりと一着一着チェックしたいので、店内に喫茶軽食スペースを作るべきである。

昼休憩をとったら再び古着のジャングルへ。

【12〜14番】セカンドストリート、ジャンブルストア

HP

全国展開する倉庫型の古着チェーン。

非常に雑多な品揃えで、それこそUNIQLOからSUPREMEまでと、まさに古着界のスミソニアン博物館である。

そしてかなりの頻度でお宝が眠っている。

先日はレミレリーフのTシャツを3000円以内でゲットしました。

-->

【15番】ビームス高知

※画像はHPより

言わずと知れた、みんな大好きビームス。

ユナイテッドアローズもアーバンリサーチもないけれど、唯一ビームスだけはある高知。

いつも流行の1年半くらい先をいく、ビームス店員のトンがったスタイリングが好きで、大阪時代にはそれを見に行くのを趣味にしていたくらい。

あってよかったビームスである。

旅先にビームスがあればなんとなく覗いてしまうことを「ビームス詣で」という(嘘)。

【16番】RADIKAL

HP

ANACHRONORM、CURLY、NECESSARY or UNNECESSARY、DECHO、THE SUPERIOR LABORといったキレイめなワーク系カジュアルが中心。

値は張ってもヘビーデューティーで飽きのこないデザインという、永く愛用できるものを揃えている。

神戸のJUNK SHOPを彷彿するお店である。

【17番】tortoise

HP

ブルーナボインを扱ってる店を探していて見つけたお店。

タイミングが合わず、まだ覗けていないので、コメントは追って追記します。

【18番】コスタメサ

ホームページ

お店があるのは南国市のすこぶる辺鄙なところ。

アウトドア系のお店ってことで、13kmママチャリこいで行ってきた。

サーフ&スノーボード系のウェア、ギアを中心に、普段店舗でお目にかかることのない笑’sの焚き火グリルといった、マニアックなキャンプギアも扱う。

想像はしてたけどほぼ常連さんオンリーのサロンのようなお店。

ボクのような一見客はまずこないらしい。

で、このご主人がめちゃくちゃ面白い御仁だった。

敷地内にある平家は1棟が店舗、1棟が自宅である。格安の空き家をご自身でリノベーションしたのだそうだ。

その話がめちゃくちゃに面白く、自分もこんな一軒家が欲しいと憧れてしまった。

話し込んでいるうち、自宅にもあげてもらった。

家財道具はほぼキャンプ道具。

パームグラフィックス豊田弘治氏の絵が額装されていたので尋ねたら、店のロゴマークも豊田氏によるものとのこと。

この夏はビール持って押しかけて、ここの庭で夕涼みするぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Are You Feel Good?