性文化財のスミソニアン博物館!もやっとしたら凸凹神堂へ行け!

スポンサーリンク

宇和島の凸凹神堂。

凡百の秘宝館とは似て非なる。

ここは性文化財のスミソニアン博物館である。

-->

のっけからのわー!

モザイクに惑わされるな、目を細めればいざ道は開けん。

てことでのわー!

ちゅど〜ん!

残念ながら館内は写真撮影不可。

違反者は2万円貰いうけると入り口に書いてある。

なら2万円払って堂々と撮影するか。

ってちがうか。

展示内容は圧巻のひとこと。

絵画、漫画、写真、仏像、彫像、アート、玩具、拘束具、食器にいたるまで、世界中の性に関するあらゆるものが3階建ての建物にみっちり詰まった性曼荼羅である。

-->

印象に残りまくりだったのが、山梨県の石和温泉の淫宿のオープン祝いに地元ヤクザが送ったとされるアート作品。

ポスターサイズの木版で歌舞伎の「大入」のデザインなのだが、さりげなく女性器をマッシュアップしてあるのだ。

これは素直にアウトサイダーアートとして所有欲を刺激されたし、山梨のヤクザ超センスいいなと思った。

とにかくよくこれだけのものを集めたなと思う。

要した年月と費用は計り知れない。

館長の偏執的なまでの性への情熱と蒐集欲は鬼気迫るものがある。

エロはエロでも気高くスピリチュアルですらある。

随所に館長と世界の少数民族女性との記念写真が貼られており、肩を抱いたりしていて妙に生々しい。

JR宇和島駅から歩ける距離だし、クルマなら駐車場もあるのでいっぺんは是非訪れられたし。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Are You Feel Good?