桂浜にオモテウラあるの知ってた?推しは断然ウラでのオモテナシ!

先月、今月と立て続けに、大阪から高知へ物見遊山にきた友人のアテンドをした。

定番のひろめ市場や桂浜をさしおいて、アテンダーとして最も手応えを感じたのがここ「ウラ桂浜」である。

「ウラ桂浜」とはボクが勝手にそう言ってるだけで、正式名称ではない。

一般的には「黒潮ライン」や「桂浜花海道」と呼ばれている。

-->

これがウラ桂浜だ!

海岸線の先に小さく見えている岩礁が桂浜の景観でよく知られる龍王岬。

ちょうど桂浜のウラにあるからウラ桂浜、ってまあミもフタもない。

しかし侮るなかれ。高知へ来てオモテ桂浜だけ見て、ウラ桂浜を見ないなど「木を見て森を見ず」だ。

このパノラマがザ・太平洋!

見てよ、このヌケ感。

黒潮のうねりまで感じられる特大のパノラマ。

これぞ、ザ・太平洋である。

強烈なリフレッシュ感!

高知へ移住してすぐの頃、一人でここへ来たことがある。

ファミマのコロッケをアテにビールを呑みつつ1時間ほど過ごしたのだが、その時の強烈なリフレッシュ感が忘れられない。

まだ右も左もわからぬ高知で、圧倒的な「受け入れてくれる感」があったのだ。

文字通り心が洗われる心地がしたものである。

ギアは色々あったほうがいい

手ぶらで来ても充分楽しめるけど、イスやテーブルなどのピクニックギアがあればなおリラックスできるので強く薦めたい。

そしてこれ。

個人的に2017年の大ヒット商品、100均で買える超プリミティブなスマホスピーカー(タワレコシールデコ)である。

海辺には沖縄民謡が合う

流すのは決まって登川誠仁や嘉手苅 林昌といった沖縄民謡。

これが合うんである。

アタックの強い三線の音は波にかき消されることはないし、むしろ波の音とうまくミックスされて耳あたりがとてもいい。

さすがは海由来の音楽である。

-->

田舎には何もない?

田舎の人ってそこに何もないことを恥じる。

高知もそう。

観光客を迎えるためには、オモテ桂浜こそ全力で整備すべきと考えてる。

なぜならオモテ桂浜は龍馬像や月の名所など、引き合いの多いスポットだから。

無論、多くの観光客が訪れる場所のサービスやアメニティを充実させることは重要である。

まあオモテ桂浜に比べれば、ウラ桂浜にあるものと言えば海と空と砂浜。

どこにでもあるものだ。

ではなぜ、この光景にボクは心打たれたのだろうか。

なぜ大阪の友人たちは口から感嘆符を吐いたのか。

視界から人工物が消えるほどに、反比例して情報量は増えていく

田舎の外から来た者は田舎に何もないとは感じていないのである。

むしろ相当量の情報を処理しつつ、この光景と対峙していたはずである。

「視界から人工物が消えるほどに、反比例して情報量は増えていく」というのはボクの持論である。

ババ抜けない田舎パワー!

つまり、人工物のように外側から成形されたものよりも、自然物のように内側から生成されたもののほうが情報量が多いという事。

都会は情報量が多いと考えがちだけど、それは外側から成形されコピペされたものが多いだけ。

ババ抜きに例えてみよう。

同じものが多い都会のカードはどんどんペアになって山に捨てられていくが、田舎のカードはペアを作りづらい。

田舎はババ抜けないのである。

オモテとウラの桂浜、これからはセットで観光を提唱すべきである。

そのほうがバランスが取れてる。

ささやかながら、ガイドマップを作りました。

やれ出張だ、やれ遠距離恋愛だ、やれ有休消化だ、やれ行き当たりばったりだので、これから高知を訪れる方は是非ご参考になさって下さい。

Twitterで連絡下されば小生もお付き合いさせていただき〼!。

ウラ桂浜満喫ガイドマップ

-->

【1】ウラ桂浜

ウラ桂浜とは特定のポイントではなく、このへん一帯をいう。

【2】駐車場

クルマで来たらここに停めるべし。

【3】トイレ

もよおしたらここに駆け込むべし。

【4】突堤

ウラ桂浜には突堤が何本かあるので、好きなのを選ぶべし。

【5】オモテ桂浜

こちらが正規の桂浜。

【6】浦戸大橋

クルマの場合は浦戸大橋経由で来るほうが、橋を渡った後いきなり眼前に太平洋が広がってドラマチックなのでオススメ。

チャリの場合はストレスがすごいので通ってはダメ。

【7】種崎千松公園

無料のキャンプ場もあって最高な公園。

キャンプをせずとも菓子とビア持参でのぞむべし。

【8】サークルK

チャリで来て、種崎でブレイクするならここで菓子とビア買うべし。

【9】マルナカ仁井田店

クルマで来て、ウラ桂浜や種崎でブレイクするならここで菓子とビア買うべし。

【10】サンシャインみさと店

クルマで来て、ウラ桂浜や種崎でブレイクするならここで菓子とビア買うべし。

【11】セブンイレブン

クルマで来て、ウラ桂浜や種崎でブレイクするならここで菓子とビア買うべし。

【12】ファミリーマート

チャリで来て、ウラ桂浜でブレイクするならここで菓子とビア買うべし。

イートインスペースが40畳くらいあって度肝抜かれるよ。

【13】マルナカ長浜店

チャリで来て、ウラ桂浜でブレイクするならここで菓子とビア買うべし。

【14】酔鯨酒造

高知が誇るポン酒、酔鯨の酒蔵。チャリで来たなら試飲コーナーは絶対寄るべし。

【15】渡船長浜乗り場

浦戸湾を横断する渡船。チャリならコレに乗って種崎へ渡るべし。

【16】渡船種崎乗り場

浦戸湾を横断する渡船。渡船はオフィシャルの遍路道でもあるのでお遍路さんにお接待すべし。

【17】とさてらす

駅前の観光案内所。レンタサイクルが無料なので借りるべし。桂浜へ行くと言えば電動チャリも無料で借りれる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Are You Feel Good?