土佐の日曜市を少しばかり違う視点で

高知生活の大きな楽しみとなっているのが日曜市。

1km以上も続く大規模なマルシェで、県民にとってはスーパー、コンビニよりも身近な存在。

観光客やお遍路さんも入り混じって、毎週大変な活気である。

-->

新鮮で美味い野菜が格安で買えるし、いも天や焼き鳥を買い食いし、そぞろ歩くのも楽しい。

毎週通っていると、店先にならぶ野菜が徐々に変化していき、その時々の旬をダイレクトに感じられる。

これにいつもワクワクさせられるのだ。

そんな日曜市を今日は少し違う視点で見てみたい。

視点をぐぐっと下げてみる。

するとカワイイやつが息を潜めていたりする。

日曜市の裏名物とでもいうべきタヌキの油!

その煮た残り。

サンプルに実物を使うかき氷屋。

まあ溶けるわね。

つうかかき氷のサンプルっている?シロップの瓶だけでよくない?

-->

いも天屋の向かいの焼き鳥屋。

ここの焼き鳥、どの串も強烈に美味い!

だいたいいつもここでビール呑んじゃうね。

酒屋は道路挟んで斜め向かいにあります。

ビールと言えばこちら。

おんちゃんの名誉のため、目隠ししますけどね。

コラコラ足元、足元!

仕事中に呑んどるがな!

こちらはワゴンサービスよろしくカートで行ったり来たりしているコーヒー売りのおばちゃん。

しかし買うのはなぜか出店者さんオンリー。一般客が買ってるところを見たことがない。

社員喫茶的な存在なのか。

写真では野菜を選んでるように見えるけど、グレーの人がコーヒーおばちゃんです。

最後はこのチンドンルックなカブキ者。

日曜市行くと1度はすれ違いますね。

やべっ!こっち見た。

この方、手作りオモチャや折り紙を子供たちに手渡し歩くんですが、手渡すとき無言なんですよね。

でも子供たちは嬉しそう。

手に持ったぬいぐるみで腹話術すると面白いのに。

ほな、お後がよろしいようで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Are You Feel Good?