老舗作業着ブランド「寅壱」は、オシャレファストファッションの新勢力となるか?

寅壱がドえらくオシャレに変貌しててマジビビータ!

-->

寅壱ってご存知ですか?

鳶職の人が履く原色パッキパキのニッカポッカはじめ、ヤンチャな人が着る老舗作業着ブランドである。

大阪の釜ヶ崎に店舗があって、環状線からデカい看板が見えたりしたものである。

ファッショニスタとは水と油、一億光年先まで決して交わらない平行線だったはず。

先日行った作業着セレクトショップのワークウェイがめっちゃアツかったんですよ。

そのラインナップに寅壱の鯉口シャツが紛れてるのを見つけて、気になって検索してみたんですよね。

※関連記事

ワークウェイがアツすぎる!これは高知最強のセレクトショップか! | ガタリ夜話

寅壱HPより

案の定というか、はるかに想像を上回ってた。

寅壱のHP内にあるこのカタログなんかまるでビームスのシーズンカタログである。

この蛍光オレンジ、反射板付きのニッカポッカヤバいですよね。

寅壱HPより

中身もこんな感じ。

ファッション誌さながらである。

寅壱HPより

で、ボクはこの蛍光黄色のニッカポッカのセットアップが欲しいと思ったわけです。

超カブいてますよね?

いつ着るねや言われたら口つぐみまっけど、日曜市そぞろ歩きでどうだっしゃろ?

-->

調べたら寅壱の直営店は四国にもある。

なぜか徳島だけに4店舗もかたまってある。

衝動にまかせて徳島まで四ツ輪ころがしたろかい思たけどまあまあ遠いので電話して在庫を確認したのである。

するとどうだ、想像の斜め上から脳天にサクッと突き刺さる返答が、、、

寅壱HPより

「あれはイメージで載せてるだけなんですよ〜」

ウソやろ、オエッ?

商品化の予定もないっつーんで丁重に礼をいい受話器をおいた。

なるほどな、今の寅壱はイメージが先走ってマーケティングと商品開発が追いついてない過渡期なのか。

けど今明らかに和物ヤンキーフレイヴァのトレンドきてますよね。

去年から背中に龍の刺繍した甚兵衛が欲しくてしかたなかったんである。

で、バルセロナにあるうどん屋「宵宵祇園」の仕事着の刺青鯉口シャツを買ったし、ビームスで扱ってるF-LAGSTUF-Fのデリヘルシリーズは昭和暴走族インスパイアである。

※関連記事

BUENA VISTA×宵宵祇園の刺青シャツ!今夏の一張羅に確定! | ガタリ夜話

個人的にはレペゼン地球のローカルヤンキー感や、大阪のゴブリンランドが掲げる「Neo Chinpira」というコンセプトもそうした潮流の渦のひとつだと思っている。

おそらく近い将来どこかのセレクトショップが寅壱とのコラボ商品を出すだろう。

最も接近しているのはビームスと思われる。

そしてお昼のワイドショーではユニクロでもしまむらでもフォーエバー21でもないファストファッションの新勢力として寅壱やワークマンを特集するのだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Are You Feel Good?