チャリ散歩でプラっと立ち寄りたい!酔鯨酒造の試飲スペースがまるでカフェ!

高知を代表する地酒のひとつ「酔鯨」。

蔵元の酔鯨酒造は桂浜に近い長浜という所にある。

-->

酒蔵で試飲というとなにやら尻込みするが、ここは今風のカフェばりに洒脱な試飲スペースがある。

受付けのようなものもなく、本当にカフェみたいにフラッと入って試飲できるのだ。

黒板のレタリングも素敵なカウンターにズラッとならんだラインナップ。

見よこの壮観!

呑みの助・呑み太郎には垂涎モノでしょう。

普段なら手の出ない吟醸酒ももちろん試飲可能。

ボクのようなバカ舌でも、こうして比べ呑みするとそれぞれ味の違いがよくわかる。

中でもすいすい呑めて旨いなと感じたのがこちら、純米吟醸の季節もの、秋あがりというやつ。

秋あがりって冷やおろしのことかと思ってたけど、別物だそうです。

営業は平日の10時〜17時までで、駐車場あり。

タダ酒が呑める、というとアレだけどプラっとチャリ散歩で立ち寄るのが気分だな。

試飲するとポラロイドで写真を撮ってくれて、この酔鯨ツリーの一員になります。

この後、種崎へ渡る県営の渡船がタイミング悪く1時間待ち。

やむなくさっき買った酔鯨を早速開栓して、友人と待合所で酒盛っちゃいました。

ちなみに、酒をめちゃくちゃに呑むという意味の「鯨飲」という言葉がある。

土佐の海のシンボル的存在のクジラと、この「鯨飲」をひっかけたのが「酔鯨」の屋号なのかな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Are You Feel Good?