車中泊報告書「道の駅633美の里」@高知県いの町

仁淀川やにこ淵へのアプローチに便利な車中泊スポット

CIMG0055

この2016年、大夏休み、仁淀川沿いでキャンプ場を物色していて激しいスコールにやられた。
ほんなもんだから野営は断念。
で、車中泊で立ち寄ったのがこの道の駅。

「633美の里」と書いて「むささびのさと」と読む。
旧吾北村(現いの町)に実際に生息する「むささび」が名前の由来である。
また国道439号と194号が交差する地点にあることから、足した数字が「633」であることも引っかけているから気が抜けない。

CIMG0051

目の前を流れるのは「上八川川」といって仁淀川の支流である。
これはなんと読むのだろう。「川」の字がふたつ連ねてある。
知的好奇心をかきてたてられる。
あえてネットで調べず、今度行ったらネイティヴに聞いてみるとしよう。

P8030428 (1)

ボクらがチェックインしたのはなんやかやで21時もまわって夜。
レンタカー内の寝支度を済ませたら、ちょいと寛ぎタイムとしゃれこもう。
場内には東屋がいくつかあるけれど、灯りに乏しい。
ランタン出すのも面倒なので、寛ぐならば自販機コーナー前のテーブルが明るくてオススメだ。

P8030426 (1)

クルマですぐのところに「むささび温泉」がある。
写真を一枚も撮らなかったのだけど、食堂やスポーツジムも併設した清潔感のある浴場。
水風呂が超好みの温度だったので、何度もリピートしてしまった。

ボクらが寝支度をしている最中、クルマで来たネイティヴの若人が2人、自販機前でコーヒー飲んでダベってたけどすぐに帰っていった。
交通量も少なく、防犯上もさほど心配のない印象。
標高が高いので、夏は涼しく過ごせるのがいい。

CIMG0054

食べ物やビールは前もって買っておくのがよい。
むささび温泉に行く途中にローカルなコンビニ「MOMA」があるが閉店が早い。
ボクらが着くころにはもう閉まっていて、残念ながら寄れなかった。
ちなみに「モマ」とはムササビのことらしく、店のロゴマークもムササビである。

CIMG0053

翌朝は早くに発ったので、営業している道の駅を見ることはできなかった。
Googleマップに投稿された昼間の写真を見ると、焼き鳥の屋台なんかも出ていてすこぶる楽しそうだ。
次回は是非とも昼間に訪れてみたい。

37

車中泊のいいところは、翌朝サクッと行動を開始できるところである。
キャンプのように撤収作業がない。
休日は渋滞ができるという人気スポット「にこ淵」や、仁淀ブルーで知られる仁淀川が近いので、そのあたりに出かけるなら最適の車中泊スポットである。

CIMG0056

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Are You Feel Good?