興津キャンプ場を芝生、というか砂場パトロール

四万十町窪川からクルマで20分と少し。

太平洋に面した興津(おきつ)という集落がある。

-->

高知西南の大動脈、国道56号線から大きくそれた場所だから訪れる人は少ない。

津野町を源流とする四万十川は、窪川付近で海岸線から7kmほどにまで迫っている。

本来ならそのまま太平洋へそそいでアガリのところ、山塊に遮られてまた内陸へ流れ戻り、中村まで迂回するのである。

この山塊を越えた秘境めいた場所に興津はある。

向かって左側が岬になっていて、辛うじて防波堤になっている。

が、押し寄せる波はほぼ外海のそれで、海水浴場としてはかなりワイルド。

サーフスポットでもあり、海水浴場とはエリアを分けてある。

柏島の海ともまた違った、ちょっとミルクがかったエメラルドグリーンの海。

環境庁が指定する日本の水浴場88選に高知県から唯一選ばれている。

夏の盛りにこの人出、かなりの穴場といえる。

キャンプ場は松原に囲まれたここ。

ネットでは持込テント1区画2,500円、あるいは2000円との情報があり正しい値段は不明。

聞いとけばよかったな。

キャンプ場は砂浜の延長で、この通り足元は砂。

うーん2000円は割高感あるかなあ。

蚊帳テントにハイコット、それにハンモックがここでは最適なキャンプギアであろう。

一泊ではなく、のんびり長逗留してみたいキャンプ場なので、ショバ代は安く抑えてそれらのレンタルを充実させてはどうか。

長逗留となれば、場所柄食材の買い出しがネックである。

シーズンには軽トラの移動スーパーが現れたりすると楽しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Are You Feel Good?