フロム米国トゥ四国!LA産の音楽で充満するMASACASA MUSICが本当にヤバい!

森田農園さんからご紹介いただいたコチラのお店。

高知は京町商店街、チャレンジショップ内にお店を構える「MASACASA MUSIC」というCD屋さん。

-->

面白い移住者さんがいるよなんて聞いて気軽に覗いてみたら、控えめに言ってもガチでタダモノじゃない人!

こちらが店主のツヅキマサヒロさん。

19年住んだ米国LAから2018年2月に四国KOCHIへ移住されたばかり。

セレクトする音楽はご自身も一員だったLAのコミュニティ周辺のもので、全て友人知人の音源だという。

手に持っていただいたのはUKのバンド、プライマルスクリームの「More Light (2013)」というアルバム。

数曲をLAでレコーディングしているのだが、なんとレコーディングエンジニアでツヅキさんが参加してるとな!

個人的にプライマルスクリームといえば1991年の名盤「Screamadelica」以来追いかけてる大好きなバンドでむろん「More Light」もチェック済み。

クレジットを見ればプロデューサーのデビッド・ホームズやボーカルのボビー・ギレスピーに混じってツヅキさんの名が。

これはボノボのアルバム「Migration」。

2018年のグラミー賞にノミネートされたのでジャケットも記憶に新しい。

このアルバムでもツヅキさんの名が。

他にも絡んだ盤は数知れず。

19年間、LAのこうした音楽シーンにどっぷり身をおいていたわけか。

-->

ところでボノボの「Migration」をリリースする「NinjaTune」なんてUKのほんとにインディペンデントなレーベルである。

そんなインディペンデントな作品がグラミー賞に名を連ねるようになったのがちょうどこの20年ほどのこと。

アーティストと交流し、作品に貢献しつつシーンの変化を肌で感じるのはとてもエキサイティングだったろうな。

そのツヅキさんが今推しているのがご友人でもあるチカーノ系のミュージシャン。

レコードでかけてくれたのはチカーノ・バットマンとエル・ハル・クロイというバンド。

先日出演されたラジオでも流したという2曲を聴かせていただいた。

チカーノ・バットマン「Stoned Soul Picnic」。

エル・ハル・クロイ「Niños Viajadores」。

-->

今後は高知でLA仕込みのタコス屋をオープンするべく準備中とのこと。

で、タコスに欠かせぬハラペーニョは森田農園さんが提供するということだ。

ゆくゆくは加工品も含めてハラペーニョを新たな高知の名産品にしようと目論んでいるらしい。

しかしまあこのツヅキさん、穏やかな語りながらよく話す人である。

自分の人となりを目をキラキラさせて、それこそLA仕込みのモーレツアピールでガンガンにくる。

誰かボクに質問してなんて機会を待ってたら日が暮れる。

彼の静かなるマシンガントーク、ボクも見習わねばならぬ。

お店へは京町商店街からも入れるし、はりまや橋の目の前にも入り口があります。

こっち側のが雰囲気あるな。

そうそう、今をときめくカマシ・ワシントンの新譜も置いてあったので、まさかと思って尋ねたら友人とのことです。

カマシ・ワシントンやで?ヤバすぎるわ!

お店でもかけてくれたデラソウルの「And The Anonymous Nobody (2016)」。

スコンと気に入ってヘビーローテーション中である。

ヒップホップはもちろん、ネオソウル、R&B、ヘビーなハードロック調に寄った曲もあったり、大好きなデビッド・バーンも参加してたりとバラエティ豊かである。

で、これにもツヅキさんがエンジニアで参加してる。

デラソウルやで?ワテほんまによゆわんわ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Are You Feel Good?