官能と鎮静のメロウネス!リオン・ウェア「Sigh」

「メロウ大王」の異名をもつソウルシンガー、リオン・ウェア。

マイケル・ジャクソンやマーヴィン・ゲイに曲を書く作曲家/プロデューサーでもある。

その歌声はとろけるように甘くてエロい。

-->

この数年はソウル/R&Bものは新旧問わずチェックしていて、ボクのライブラリの一角を占めるようになった。

なかでも本作は繰り返し流してるお気に入りである。

全体通してメロウで鎮静的なので、基本的に夜やアルコールといったキーワードと相性が良いが、日中あるいは肉体疲労時にも違和感なくマッチするだろう。

遺作となった本作では今をときめくサンダーキャット、カマシワシントンらが参加している。

過去の来日時、ツアーメンバーとしてまだ10代だった若きサンダーキャットを帯同している。サンダーキャットのアルバム「Drunk」に収録された「Tokyo」はその時の体験を書いたものらしい。

オマーの「Love In Beats」、タイラー・ザ・クリエイターの「Cherry Bomb」など、客演も多いのでそちらも追いかけてみたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Are You Feel Good?