キャンパー必見!焚き火の薪ならここ一択 「木の駅ひだか」

ホームセンターで売ってる薪って高い。

量だって中途半端だ。ひと束だと焚き火1日分としては心許ないし、ふた束だと余るみたいな。

そういや高知に移住してから薪の情報って調べたことがない。

てことで、戯れに「高知 薪」で検索したら、一瞬で欲しい情報にたどり着いた。

-->

高知のキャンプ場をリサーチする際にお世話になりまくっている「ひのきのキャンプ用品196」さんのブログです。画像クリックすると移動します。

さすがです。相当にローカルな情報だと思いますが、それを拾い上げるアンテナに感服。

「木の駅」なんていうけど店員さんはいません。無人の良心市です。

良心市っていいですね。

高知は野菜の良心市が普通に街なかにあるし、さらに鏡川を上流へ行くと良心市の棚がズラリと並ぶ「良心市銀座」とでも呼ぶべき圧巻の光景が見られます。

出品者が信頼し、客がそれに応えることで、ウィンウィンのコスパを実現する良心市は未来的ですらあります。

気になる薪の値段はコンテナ一杯で500円!安い!

ホームセンターだとこの半分以下の量で700円はするぞ!

というかだいぶ盛ってますね。

どうなんでしょう?NG?

ま、ギリギリセーフとしましょう。

クヌギだと1コンテナで800円。

クヌギのほうが高級なのか。

おっさん薪とはなんぞ?

在庫薄なのも謎。

-->

面白いのがその支払い方法。

「封筒に現金を入れて換気扇の吐き出し口から投入して下さい」とある。

謎解き文みたいでワクワクしますな。

薪売り場の向かいの建物に封筒を発見。

これに500円を入れてと。

換気扇の吐き出し口ってこれか?

あ、「投入口」ってテプラ貼ってる。

現金投函するんだから何も書いてなかったら不安ですよね。

けど、高さが…。

あ、踏み台がある。

至れり尽くせりですなあ。

支払い成功!

良心市ゆえに24時間営業ですが、日が暮れると何も見えないし、ライト点けて薪を詰める姿ってちょっと怪しいです。

利用は日の出から日没までって感じですね。

でもホームセンターが開いてない早朝でも薪がゲットできるのは、出発の早いキャンパーには嬉しい。

看板が出ていないので場所はわかりにくいかも。

ローソンのはす向かいに見通しのよい小道があるので、そこを入って少し進むとあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Are You Feel Good?