Appleのスマートスピーカー「HomePod」のCM動画がウルトライカしてる!

何度見ても、CMとして破格である。

Appleのスマートスピーカー「HomePod」のCM動画がすごい。

-->

監督はスパイク・ジョーンズ、主演はFKAツイッグスである。

この時点で普通じゃない。

HomePodにかけるApple社の意気込みが伝わるというもの。

ビョークの亜流っぽいイメージだったボクのFKAツイッグスの評価は一変した。

FKAツイッグスってダンサーだったんですね。

力を抜いたユルめのダンスパフォーマンスがメチャメチャかっこいい。

FKAツイッグス演じる疲弊したキャリアウーマンが、仕事から帰宅してHomePodに「私が好きそうな曲を」とオーダーするところからストーリーは始まる。

で、かかるのがアンダーソン・パークの新曲「Til It’s Over」ってのがまた粋ですわな。

この曲の配信は当然、Apple Musicオンリーである。

HomePod内のAIがチョイスした曲に浸ってグラスを傾けるうち、主人公は意識の拡張を覚え、最終的に鬱屈した自分とおさらばするわけだが、そこへ至る精神描写が白眉である。

同じくスパイク・ジョーンズ監督による映画「マルコヴィッチの穴」にも通じる時空のズレを嬉々として押し広げていく主人公、それをLSDトリップめいた極彩色で彩っている。

こんなにも美しい製品PRがあるかね?

操作は不要、話しかけるだけでいいプライベートDJ、それが「HomePod」。

俄然欲しくなるね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Are You Feel Good?