「大衆酒場Day&Sea」の冬メニュー!おでん始めました!

スポンサーリンク

大衆酒場Day&Seaの冬メニュー、おでん始めました。

-->

おでんって超風情のある食い物だ。

入り口の引き戸を開けたとたん、中から漏れ出るムアッとしたダシと燗酒の混ざった匂い。

湯気が充満して湿度が90%を超えちゃってるような、あのむせかえる酒場の空気が好きである。

今回おでんにはまあまあな気合いとリソースを投入しているので、味には喜んでいただけると思う。

ボク自身味に敏感でいるため、まかないはおでんの日々である。

ニーズに応じた柔軟な変化もやぶさかでないが、まずは自分らが馴染んだ関西風で臨んでいる。

果たして高知ネイティブの味覚に訴えかけるかどうか。

-->

仕込んでるのは無論カミさんだ、手を出す余地はない。

もっともらしくのたまうのがボクの仕事。

バッチごとに味は確実に向上しており、仕込みサイクルも随分とこなれてきたようだ。

18時現在で気温が10℃を下回るようになる頃には、ドヤ顔レベルのおでんを召し上がっていただけるだろう。

牛すじはおでんの花形。

処理済みの既製品は使わず、土佐和牛のすじを生で仕入れている。

下処理から串打ちまで、すべて店内でやるという手の込みよう。

言うまでもないが、やってるのはカミさん。

ボクはオブザーバーである。

カミさんはネタによって別煮にしたりと手間を惜しまない。

美味くないとは言わせない。

てなわけで、気温が10℃切ったら来てよネ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする